Woman.excite
カテゴリ
全体
cooking
gourmet
work
未分類
以前の記事
最新のコメント
昨年高菜の出荷の終わり頃..
by 手仕事初心者 at 17:51
高菜の塩漬けの作り方を調..
by れもん at 18:23
とても魅力的な記事でした..
by 派遣社員 at 10:18
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の送り状 at 11:55
ありがとうございます!!
by s-recipe at 21:42
萌音さん ありがとうご..
by s-recipe at 21:42
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の封筒 at 10:30
こんにちは。横浜のブログ..
by 萌音 at 09:46
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の書き方 at 10:57
とても魅力的な記事でした..
by 伝える履歴書 at 10:44
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

料理研究家・村上有子(フードデザイン株式会社 代表取締役)
by s-recipe

>>村上有子オフィシャルサイト

■1人一日400円以下のメニュー
 今週の節約レシピ

■Flower Foods Factory

美味しいガーリックライスの作り方
先日お伝えしていた、ガーリックライスの作り方。

今日は作り方の伝授です!

私のガーリックライスは、まずガーリックライス用のご飯を炊くところからスタート。

冷ご飯でもない、温かいご飯でもない、ちょっと固めのピラフぐらい炊きあがるように水加減を調節します。

研いだお米1合はザルに上げて30分ほどそのまま置いておきます。

30分たったら、炊飯器に入れて水を180cc(お米の計量カップ1杯分)を加えます。

そこからがポイント。

さらにそこから大さじ2の水を取ってください。
e0159969_1961434.jpg

こうすることで、固めのご飯が炊きあがりますよ!

さらにそこに、玉ねぎのみじん切り1/6個分、バター15gを入れて・・・・
e0159969_1964612.jpg

普通に炊飯すれば出来上がり!
e0159969_197715.jpg

そうしたら、次はにんにくを炒めるのですが・・・

にんにくはなるべく細かく切って、さらなるポイントは牛脂を使うこと。

牛脂は真四角になって加工されている牛脂ではなく、なるべく美味しい牛肉が売っているところの牛脂を使うこと。

この牛脂から、相当美味しい旨みがでるのです!

しかもタダだしね(笑)

フライパンにみじんのにんにくを2片分と刻んだ牛脂10g分を入れて、弱火にかけます。
e0159969_1973591.jpg

時間をかけてじっくりと火を入れるのがポイントですよ。

しかも焦がしたら絶対にダメ!

意外に時間がかかりますが、ここは根気よく火にかけます。

にんにくが軽く色づいてきたら、そこに先ほどの炊きたてご飯を投入。
e0159969_198725.jpg

ご飯が温かいので、そんなに炒める必要はありませんよ~^^。

にんにくとご飯が完全に混ざったら、最後の仕上げ。

鍋肌から醤油小さじ2を回しいれます。
e0159969_1983158.jpg

その時、フライパンの端をあけて入れて、少し焦がしてあげると風味がいいですね!

そのお醤油を一気に混ぜ合わせて、さらに塩小さじ1/4、黒こしょう・少々、パセリのみじん切り適量を加えてさっと混ぜたら・・・・
e0159969_199288.jpg

「美味しいガーリックライス」の完成!(写真ボケてる??)

ガーリックの香ばしい香りと、固めのご飯が良く合う!

しかも、バターライスにしているので、バターのコクがあって美味しいのです!!!

これで、ステーキとか食べちゃったら!もう!

美味しいこと間違いなしですよ^^。

シンプルなお料理ほど、一つ一つに時間をかけると美味しいものが出来上がるのです^^。

美味しいのでみなさんも是非作ってみてくださいね^^。
[PR]
by s-recipe | 2011-01-14 19:11 | Comments(1)
Commented by 履歴書の送り状 at 2014-06-19 11:55 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
<< 比内地鶏親子丼 山形アサツキ >>
 
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム