Woman.excite
カテゴリ
全体
cooking
gourmet
work
未分類
以前の記事
最新のコメント
昨年高菜の出荷の終わり頃..
by 手仕事初心者 at 17:51
高菜の塩漬けの作り方を調..
by れもん at 18:23
とても魅力的な記事でした..
by 派遣社員 at 10:18
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の送り状 at 11:55
ありがとうございます!!
by s-recipe at 21:42
萌音さん ありがとうご..
by s-recipe at 21:42
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の封筒 at 10:30
こんにちは。横浜のブログ..
by 萌音 at 09:46
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の書き方 at 10:57
とても魅力的な記事でした..
by 伝える履歴書 at 10:44
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

料理研究家・村上有子(フードデザイン株式会社 代表取締役)
by s-recipe

>>村上有子オフィシャルサイト

■1人一日400円以下のメニュー
 今週の節約レシピ

■Flower Foods Factory

<   2009年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
発芽玄米
先日のお料理教室で、いつもはあまり使わない「発芽玄米」を使ったレシピをご紹介しました。

発芽玄米は、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富でとても栄養的にも魅力的な食べ物。

一昔前だったら、玄米と言えば・・・

あんなにポソポソで食べにくいものはない!・・みたいな感じでしたが、今は健康ヘルシー志向で昔よりもたくさん食べられるようになりました^^。

発芽玄米なるものが昔からあったのかは、私も記憶にありませんが、意識してみるようになったのは料理教室でお教えするようになってからかなぁ。

玄米を少し発芽させてできた発芽玄米は、玄米よりもさらに栄養価が高いのです。

スプラウトもしかりですが、「芽が出たて」や「出る寸前」が一番栄養を蓄えている時。

ここで食べるのが一番栄養を取りやすいのです^^。

発芽玄米はそのまま炊飯器で炊けるのでとても便利。

だけれども少しパサつくことは確かなので、少しソース状の感じのものが上にかかっていると食べやすいのであります^^。

例えば、カレーやシチューなど。

混ぜて食べられるものだったら意外と合うんですよ~。

この間生徒さんにお教えしたお料理は「発芽玄米ごはん 鶏と野菜の粒マスタードソースがけ」
e0159969_19193325.jpg

ヘルシーバイキングにも出てきそうな一品ですが、鶏肉を野菜と一緒に醤油べースのタレで煮込んで、最後に粒マスタードバターで仕上げるもの。

少しドロッとしたソースに仕上げるので、玄米と絡んで美味しいこと、美味しいこと^^。

ご飯が進むこと間違いなし!の味に仕上がりましたよ^^。

その余ったご飯は冷凍しておき、まかないの時に使いました。

「発芽玄米ごはん イカとエビの中華あんかけ」・・・いわいる中華丼^^。
e0159969_1920337.jpg

これもドロッとしたソース?餡?なので玄米に絡まって美味しかった^^。

食べた時は、「毎日発芽玄米でもいいね!!」なんて言ってましたが、しばらくすると・・・

やっぱり白い米が一番!日本人は米だねぇ~~!

なんて言ってるんですよね・・・私(笑)

白いご飯が一番大好きな私は、どうやら雑穀生活はできないようであります・・^^;。
[PR]
by s-recipe | 2009-09-29 19:24 | Comments(0)
わかめ
最近、無性にわかめが食べたくなる時があります。

もともとわかめや海苔などの海藻系が大好きな私。

家で小腹が減ったなぁ・・とか、おつまみに何か欲しい・・とか思った時は、大体海藻系を食べています。

あんまり時間がない時は海苔に柴漬けをクルリと巻いて食べたりしているのですが、これが美味しいのです^^。

時間がちょっとある時は、あさりのスープをとってその中にたっぷりのわかめをいれて、ゴマ油をひとたらし。

そこにゴマをふって食べるのが大好き^^。

最近行った栄養士の学校の試験勉強なんか、いつも昆布を口の中に入れて勉強したっけ。

これは、勉強というストレスに食欲が負けてしまいそうだったから、何か口の中に入れておこうっと思って考えた案。

意外に欲は満たされ、暴飲暴食に走らなかったからよかった^^。

他にも急に食べたくなるのは、梅干し。

梅に海苔を巻いて食べたり、わかめの梅肉和えなんかも食べるのです。

身体は正直とよくいいますが、大体「食べたい!」とか「食べなくちゃ!」と思った時に、思ったものを食べるのがいいことだと思っている私なのですが、何で海藻類と梅なんだろう??

食べたあとにいつも考えるのであります。

髪が薄いから??(意外に気にしている・・・^^;)

なんて思ったり(笑)

調べてみると、わかめはホルモン調整をしてくれたりコレステロールを外に出してくれる働きもあります。

ということは・・・若返りの薬とも言えるはず^^。

そうか!体が老化してきたから本能的に食べてるんだ!!!

なんていいほうに思うことにしました^^。

・・と先日食べたのは、「わかめ入りにゅうめん」。
e0159969_19104819.jpg

もちろん、野菜もたくさん入れましたが、上のトッピングはわかめ梅のダブルコンビ。

これがたまらなく美味しいのであります^^。

大満足のメニューを食べたあとは本当に幸せ^^。


食べた後、意外に髪の毛気にしてたりして・・(笑)
[PR]
by s-recipe | 2009-09-25 19:15 | Comments(0)
ヨークシャー・プディング
あっという間に終わってしまったシルバーウィーク。

ところでシルバーウィークっていつから名づけられたんでしょう??

今年から???知らないのは私だけ??

イギリス人の英語の先生も「ゆうこはシルバーウィークはどこかにいくの?(英語)」って聞かれたし・・。

そんなシルバーウィークの始めまりの先週土曜日・・

以前から一緒に仕事をしてきた同僚?から「ブルザンの会」にお誘いいただいていたので、ホームパーティーに行ってきました^^。

料理教室で一緒だった彼は、何と!可愛い可愛い生徒さんと家庭を持つことに。

しかも新居は私の家から駅でいうと3つ目。

どんな縁なんだ??っと思いながら、ずっと連絡を取り合っている仲間なのであります^^。

そんな彼にもお子様が生まれ(めちゃ可愛い)、仕事も順調なようだし、本当によかったと思っています^^。

今回は「ブルザンの会」ということで、ブルザンを使ったお料理も出してくれました。
e0159969_193324.jpg

(ブルザンとスモークサーモンのクレープ・・皮がモチモチで美味しかった^^)

そしてメインディッシュのローストビーフと一緒に出てきたのは、なんとヨークシャー・プディング。
e0159969_1933952.jpg

イギリスの家庭料理のひとつで、よくローストビーフの付け合わせとして、グレイビーソースやホースラディッシュ(西洋わさび)などと一緒に出てくることがあるのです。

さすが!料理家!

普通の家のホームパーティにはこれは出てきませんよね(笑)

久しぶりに食べましたが、シンプルで美味しい^^。

まあ、シュー生地を焼いたようなものですが、これがお肉と食べるととても美味しいのであります^^。

ジャガイモのフライも一緒に添えてとても美味しく食べて、飲みました!
e0159969_19434.jpg

彼は全くお酒が飲めず、奥様は授乳中でお酒は飲めないのに・・・・

私たちったら・・・・・グビグビと失礼いたしました(反省^^;)

楽しい時間だったので、なんと5時間も居座ってしまいました^^;。

本当にご馳走さまでした。そしてありがとうございました!

美味しいものがあればいつでも駆けつけますよ~^^。

私も家に帰ったら美味しいお料理が待っている・・・そんな夢のような時間が欲しいなぁ・・・。
[PR]
by s-recipe | 2009-09-24 19:05 | Comments(0)
美味しい土鍋ごはんの炊き方
昨日は「Flower Foods Factory」の収録日。

今回はサンマがテーマの回だったので、この間食べて強烈な印象に残っていた「サンマの炊き込みごはん」をアレンジして作ってみました。

もともとご飯好きな私は、ご飯専用土鍋も持っているぐらいの執着ぶり。

そろそろ新米も出てきますが、その新米で炊くごはんの美味しいこと!

食べてみるとまず、香りが・・・そしてスイーツのような甘みが口いっぱいに広がります^^。

なんてご飯は美味しいのでしょう^^。

専用の土鍋がなくても、お鍋をする時に使う土鍋でも大変美味しく炊けるのです。

そこで、今日は美味しい土鍋ごはんの炊き方を教えちゃいます!

まず、研ぐのですが、お米は最初に浸かった水を多く含みます。

ですので、最初に軽く水洗いする水こそ、美味しい水でなければならないのです。

こだわっている方は「最初の水はボルビックで・・・」とおっしゃっている方もいらっしゃいますが、私はブリダに竹炭を入れて作った水をまず最初の水にしています。

その水をずっと使ってもいいのですが、水が足りない!とかもったいない!と思う方もいらっしゃるので、その後の研ぎは浄水にします。(私ももったいない派)

研いだら、ザルにあげて水きりしてからしっかりと水の分量を量ってください。

お米は大体、元の米の1.3倍ぐらい。研いだお米と同量の水をいれるとそのぐらいの水分量になるはず。

炊く時の水はやはり美味しい水にしてくださいね。

そして、30分ほど浸水。

栄養士の学校で実験をしたのですが、お米って一定量の水を吸水するとそれ以上はしません。

普通の温度では約30分ぐらいで吸水が完了するはず。

そうしたら、火にかけてください!

火加減は中火にかけて、穴から蒸気が出て沸騰するまで火にかけます。
e0159969_18491537.jpg

そうしたら、極弱火の火加減にして約13~15分、これで炊くのは完了!

その後、火をとめて約10分蒸らします。

これで美味しい土鍋ごはん完成です!

炊きあがりを開けてみると、ジュジュ・・っとお米が鳴く音が。

美味しく炊けたよっ!て音に聞こえます(笑)
(炊けたご飯の写真が・・・ない!)
そのお米さえあれば、塩か醤油だけで何杯でもおかわりできちゃう^^。

幸せな瞬間なのであります。

このブログ書いてたら美味しいご飯が食べたくなってきた・・・・

今日の晩ごはんは「ご飯に醤油」で食べようかなぁ。

これぞ、究極の節約レシピだったりして(笑)
e0159969_18543829.jpg

(土鍋混ぜ混ぜごはん・・これも美味し^^)
[PR]
by s-recipe | 2009-09-17 19:00 | Comments(0)
新生姜
今が旬の新生姜。

谷中生姜と同じ時期に出始めますが、谷中はすぐに終わってしまうのに対し、新生姜はもう少し長く収穫できます。

皮をむかなくてもいいぐらいの薄い皮。

生徒さんにも皮は剥かなくていいんですか??と聞かれますが、答えはYES!

新生姜は剥かなくても大丈夫!かえって皮と実の間が一番風味があって美味しいところなのです^^。

普通の生姜もプロの人たちはスプーンなどで皮を削って、なるべく剥かないようにしているぐらいですからね。

その新生姜を使って一番大好きな食べ方は、ごはんに炊きこんで食べるのです。

そう、「新生姜の炊き込みごはん」。

私は、新生姜を千切りがもしくは短冊切りにして、これも千切りにした油揚げと一緒に薄味で炊き上げます。

これが、炊きあがりの香りのいいこと^^。

本当に幸せになるお味なのであります。

先日も炊いてみたら・・・ん~~~美味しい^^。

土鍋で炊くとさらに艶があって美味しいですね^^。

これに、はちみつを少し垂らして炊き上げあるとさらに艶が増すのです。

この方法はお店でお客様に土鍋を出すお店だったら必ずやっているはず。

そんな、新生姜の炊き込みご飯とお魚、お味噌汁でまかないを満喫していると・・・。

これから、食事を食べたいとの連絡が^^:。

もうお魚も食べてしまったし・・

そうだ、豚肉と玉ねぎを炒めて「新生姜ごはんの豚丼」を作ることに。
e0159969_18542176.jpg

玉ねぎと豚肉をよく炒めて、そこに醤油、酒、砂糖、酢で味付けして最後に万能ねぎをたっぷりと加えました^^。

下に生姜の風味があるから、それがアクセントになってとても美味しい^^。

生姜って薬味だから、味のアクセントにもなるんだよなぁ。

素晴らしい食材、生姜。

身体を温める効果もあるし、みなさん、是非今の時期に炊きこみごはん作ってみてくださ~い!

美味しいですよ~~^^。
[PR]
by s-recipe | 2009-09-15 18:55 | Comments(0)
美味しいお酒とお料理の会
先週末。

お酒が大好きな生徒さんに、「美味しいお酒とお料理の会」なんてやってみますか?

と尋ねたところ、「習いたいです!!」

すぐにお返事を頂いたので、早速、講座を開いてみました。

今回はワインに合うおつまみ編ということで、お料理も洋食。

メニューは「アジのタルタルカナッペ」「舞茸のカルボナーラ風」「ハーブチキンとアボカドのサラダ」。

すべてスパークリングワインか白ワインに合わせたもの^^。

お酒のおつまみは簡単じゃなくちゃ納得ができないので、すべて手軽にできるものを考えてみました^^。

夕方5時に生徒さんが見えて、早速お料理実習開始。

約1時間ぐらいで3品のお料理が出来上がりました^^。

生徒さんも手際がよく、包丁使いもお手のもの。

あっという間に仕上がりましたよ^^。

その後、試食を兼ねて美味しいお酒とのコラボレーションを楽しみました^^。
e0159969_191077.jpg

味付けもバッチリで美味しく仕上がっていて、その味に私も満足顔。

いつものことですが、時間はあっという間に過ぎ、気がついたらもう9時近くになっていた!

本当にお酒の力って怖いですね(笑)

帰り際、生徒さんが「次回はテキーラの美味しいもの持ってきま~す」・・・

・・・・ほとんど友達の飲み会に以降しつつある講座になってしまいそうです・・(笑)

だけど・・・・楽しい会なんだよなぁ・・

次回も美味しいお料理考えておきますよ~^^。
[PR]
by s-recipe | 2009-09-14 19:02 | Comments(6)
秋刀魚の土鍋ごはん
秋は秋刀魚の季節。

最近は夏頃から出回りますが、やっぱり9月に入ってからの秋刀魚が美味しいですね^^。

昔は秋刀魚の刺身なんて食べたことがなかったけれど、今は当たり前。

以前、築地に行った時、おじさんに「今日はいいニシンが入ってるよ!刺身もOk」

なんて言われた時にもビックリした!

ニシンって虫がいるかもしれないので、必ず火を通すか〆るかしないとダメなイメージだったから。

おじさんの言葉を信じて、いざお刺身にして食べたところ・・・

美味し~~~い!!

ほのかな甘みと脂ののり方が最高に美味しかったのです^^。

ニシンが大丈夫なら、秋刀魚は大丈夫ですよね^^。


この間、最後に美味しい土鍋ごはんを食べさせてくれるあるお店に行った時。

今日のお勧めは??っと尋ねたところ・・・

「秋刀魚の土鍋ごはん!!サイコーに美味いですよ!」とのことだったので迷わず注文。

炊きあがるのに30分ぐらいかかるのですが、出来上がってきたら・・・
e0159969_16535668.jpg

いい匂いだし、本当に美味しそう^^。

よだれが出んばかりの出来上がりに、生唾がかってに出てきた。

すべてほぐしてから、また持って来てくれたのですが、その香りとツヤにウットリ^^。

一口食べたら天に舞いそうになるぐらい美味しい^^。

どうしてだろう?っとお店の方に聞いてみたところ、一度この秋刀魚を煮つけた後に炊きこんでいるのだそう。

だから臭みもないし、うま味がたっぷりなんだ。

大のごはん好きな私は大満足で完食したのであります^^。

今度、アレンジしたものを生徒さんにも教えてあげたいなぁ。
[PR]
by s-recipe | 2009-09-12 16:54 | Comments(0)
穴子
先日・・・といっても大分前ですが・・・

私が以前イタリア料理の研修をさせていただいていたこともある、千駄ヶ谷「マンジャペッシェ」のシェフからDMが送られてきました。

その内容とは・・お店の12周年記念の特別企画でシェフ2人によるお料理解決。

題目は、「真夏の熱い食材対決」!

何だか熱い熱い男の戦いのようなお料理バトルに興味が湧き、教室の生徒さんを引き連れていざ出陣したのであります(笑)

熱い食材に選ばれていたのは、「穴子」。

穴子では日本一!を誇る、築地 「マル雅」さんの穴子を使ったお料理を出してくれるそう^^。

このお店、穴子一本で勝負しているお店。これ一筋のお店って築地でも珍しいんですけどね。

シェフからの対決についてのご挨拶のあと、何とサプライズがあるということ。

なに!!っと思っていたら、なんと「マル雅」さんのご主人自ら穴子をさばき、そのさばきたての穴子で調理をしてうれるのだそう。

すご~~い!!

マグロ解体ショーではなく、穴子解体ショーが見れるなんて!(笑)

ねじり鉢巻きのご主人が大きな桶から穴子を1本ずつ出しては、見事な手さばきで卸していきます。

その時間なんと、1分。

目にも止まらぬ速さで卸していく姿はまさに芸術。

しかもその穴子の綺麗さといったら・・・。
e0159969_18492080.jpg

身は輝くように綺麗な白で臭い匂いもまったくせず。

この上等な穴子を仕入れるのは本当に大変なことなのだそうです^^。

しゃべりながらも見事に卸していて、私が興味深々なのをみて、「やってみる?」と声をかえていただきました^^。

もちろんやってみましたが、やはり素人では難しいですね~^^;。
e0159969_18495060.jpg

(卸してる写真があったのに・・削除してしまった・・・残念)

そんなさばきたての穴子で作ってくれたお料理は・・・

               「穴子とナスのラザニア仕立て」 
e0159969_18502629.jpg

                       VS

               「穴子とルーコラのスパゲッティ」
e0159969_18514421.jpg

どっちが美味しかったかっていうと・・・・・

両者引き分けかなぁ^^;。

選べないぐらい両方とも美味しかった・・・というか穴子が柔らかくサイコーな味でした!

今回の対決は・・・・

築地「マル雅」さんの勝利でした~~!

今度、生徒さんの築地ツアーの時は「マル雅」さんに寄ってみることにします。

本当に美味しゅう穴子でございました^^。
[PR]
by s-recipe | 2009-09-11 18:54 | Comments(2)
天津飯
最近、毎日のように試作に励んでおります^^。

いつもはお料理が多いので、そのまま試食&まかないにしているのです。

・・・が先日、デザートの試作の時。

いつもは試作が終わると・・「わ~い、御飯だ~」なんてお腹を空かせた子どものようになっているのですが、

本日は・・・・

そうだ!デザートだからご飯が無い!!!

デザートをお昼ご飯にしてしまえる勇気もないし・・・お腹空いているから早く食べたいし・・・・

冷凍庫の中を探ってみると、先日の試作で作った「発芽玄米の炊き込みごはん」を発見!

これを温めて・・・・どうしよう????

と悩んでいたら、いつも考えないような回路につながりました^^。

卵をのせて餡をかけて・・・・

そう!天津飯^^。

いつもは考えつかないのに・・・・

そうなんです。何故だか知りませんが、私はあまり天津飯を作ったことがないのであります・・^^;。

もちろん、食べたことはありますよ!けれど、味が・・・

天津飯ってお店によって味が違いすぎると思いませんか?

天津丼って書いてある店もあれば、醤油ベースの餡もあれば、ケチャップが入って少し赤味ががっているのもあれば、塩味で酢が入っていないタイプもある・・

噂によれば、関西と関東で違うっという説もありますが・・・

こんなに差がある食べ物って他にあんまりないですよね???みなさんも感じたことありませんか?

そこで今日は私のイメージである天津飯を作ってみました^^。

・・というか、発芽玄米の炊き込みごはんの上にかけようとしている事態違うんですけどね(笑)

下のごはんに味がついて具が入っているので、卵はシンプルに。

カニは入れようか・・っと思ったのですが、カニは見当たらないので、冷凍庫で発見した小さいやりイカのゲソ(試作のあまりもの)を卵に投入。

餡は鶏ガラスープ、酒、砂糖、酢・少量の醤油・オイスターで味を調えて片栗粉でとめました。

炊きこみごはんに上に卵焼きをのせて、上から餡をかけたら・・・・

「まかない天津飯」の出来上がり!
e0159969_1924095.jpg

(ぞうのシワのような仕上がりになってしまった・・・笑)

食べてみると、酸も調度よく美味しく仕上がってました^^。

うちのスタッフにもこの味がどうか聞いたところ、知っている天津飯の味だそう^^。

よかった・・・

この日から何故か天津飯が気になっている私。

今度中華屋さんに行ったら絶対食べてみようっと!

・・・といいながら、いざお店に入ると違うもの頼んでるんだよなぁ^^;。

すぐに麺を食べちゃう私としては、難しい選択かもしれません・・・

中華って誘惑が多いからなぁ(笑)
[PR]
by s-recipe | 2009-09-09 19:11 | Comments(0)
半田そうめん
今日はラジオ番組「Flower Foods Factory」の放送日。

本日のお題は「そうめん」を使ったレシピ。

残暑が厳しく食欲のない時に食べられるように、と考えたお料理だったのですが・・・・

今年はあまり暑くなかったから、食欲落ちた人もいないかもしれないですけどね^^;。

本題のそうめんですが、揖保の糸や三輪そうめんなど色々なそうめんがあります・・が今回は私の一押しのそうめんをご紹介しました。

その名も・・・「半田そうめん」。

以前一度食べてからハマってしまった徳島産のそうめんで、そうめんというより冷麦に近い太さなのですが、そのコシと言ったらすごいのです!

ツルツルツルッと喉を通って行く時のあの、のど越しのよさ^^。

普通のそうめんでは味わえないうまさなのです。

半田そうめんと言っても色々な製麺所がありますが、私が大好きなのは「半田製麺」さんのそうめん。
e0159969_18454836.jpg

他の製麺所さんよりもコシが強く、麺自体美味しい^^。

半田そうめんといえばすべて一緒だと思っていたら大間違いでした。

それからはここの「半田製麺」さんのそうめんを使っています。

今日のラジオのインタビューでもおっしゃっていましたが、そうめん自体ができたのが奈良時代。

奈良の三輪地方からそうめんの作りの製法が伝わってきて、徳島の半田で作られるようになったのは江戸時代だそう。

なんと250年も前から作られていたんですね~。歴史が深い^^。

流通しているそうめんには「機械麺」と「手延べ」の2種類があるそうですが、断然「手延べ」のほうがコシが強いようです。

コシが強い麺が好きな方は「手延べ」をお買い上げくださいませ。

そう思うとこの間食べた別のメーカーの「半田そうめん」はコシがなかったから機械麺だったのかなぁ・・・



以前、徳島料理屋さんに行った時、このコシのある麺を使って「焼きそうめん」を作っていました!

これは、相当美味しかったです^^。

他にもサラスパのようにサラダにしたり、茶碗蒸しに入れたり・・・・

使い道が広いですね^^。

そんな「半田そうめん」を使ってご紹介したお料理は「干物と芽カブのつけ汁そうめん」。
e0159969_18461753.jpg

干物を細かくして加えて叩いた芽カブと合わせました。

干物を加えることで旨みとコクが出て、何となく宮崎の「冷汁」のような感じのつけ汁です。

トロトロっとしていることと、お酢を加えて作ってあることで、さっぱりしていて最後の一滴まで食べられますよ!

興味が湧いた方、半田そうめんを使って是非作ってみてくださいね!美味しいですよ!
[PR]
by s-recipe | 2009-09-08 18:57 | Comments(0)
 
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム